人気ブログランキング |


「ラーメン大好きK池さん」的ブログ

byへたれカイジ

今日の気分

見に来て下っていた皆様、
本当にありがとうございました。

カテゴリ

全体
はじめに(ブログ説明等)
へたれカイジのラーメン紀行
別メニューも食べてみました
あれ食いてー(再食)
とりあえず報告までに
たまには他のモンも食え
鹿児島では「飲ん方」と言います
日記書かなきゃ忘れるもので
訪問済ラーメン店一覧

以前の記事

2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

フォロー中のブログ

★浪花お好み焼き三昧★
ネコ!いつかは干支に・・・
blackeyes ph...
ciao log*
未来の自分へ
こうだこの似顔絵日記

その他のジャンル

外部リンク

ブログジャンル

お酒・お茶
食べ歩き

画像一覧

まる竹ほんき

チャーシューラーメン 700円

b0248253_21503653.jpg





暖簾分けの分店や代替わりした店の味を、「前の味と違う」と頑なに受け入れない。そんな話を一度は聞いた事があるのでは。当店もかつての名店「ほんきラーメン」の味を継承しているが、やはり同じように思う方も居られるようである。

しかし、味が違うのは至極当然の事。全く同じであれば、それは単なる「コピー」である。修行店の味を大事にしながらも、新店主の新しい試みを少しずつ重ねていく。それも先代に対する最高の恩返しと言えるのではないだろうか。当店の人気メニュー「チャーシューラーメン」に盛り込まれた技術から、新店主の思いを感じ取って欲しい。

当店のベースは修行店のものと同じ、豚骨100%であるのに色も味も透明感のある、「鹿児島ラーメン」としては珍しい豚骨の清湯スープ。これを醤油ダレで調味しているのだが、その効かせ方はベースの繊細な旨味を壊すことのない、とても穏やかな塩梅である。そしてコクを足しているラードの配分も、脂臭さを感じない程度の絶妙なバランス。このベースを更に生かそうとする試行錯誤から、修行店への厚い敬意が窺える。

現在でも師匠と弟子のコラボレーションが続いていると言えるこのスープに合わせるのは、ツルリとした舌触りの自家製中細ストレート麺。自家製に切り替えた当初は伸び易く柔らかかったが、現在は絹糸の様な滑らかさと芯の通ったコシを併せ持っている。少しずつ進化を遂げているこの麺は、師匠に捧げるオマージュと言えるものだろう。

トッピングは、丼を覆う程に盛られたチャーシューとモヤシの二種。シンプルな塩味で調味されたこのチャーシュー、カリッと香ばしく炙られており、その焦げ目がスープに一層の深みを持たせている。薄くカットされているので麺と合わせやすいが、そのまま食べてスープを啜るのも良い。清湯スープで豚の旨味を存分に、というのも乙なものである。

先代から学んだ技術に驕る事なく、より高みを目指して自らの技術を盛り込んだ一杯。



(平成24年2月15日 実食)

ちょっとサボるとダメっすね、文章が浮かんできません(汗)←今に始まった事ではナイ

えーと、約1年振りだったのかな?そん時は自家製麺導入直後だったような。前述通り当時は柔麺チックな感じでしたが、今はツルシコとしたイイ感じの出来栄えでした。固めで頼んだ方がより楽しいかな。ラードで絡みはイイし。

ところで、私の数少ない盟友の方も最近記事にしておられたんすが、チャーシューが炙り仕上げになっていましたな。その方も仰ってましたが、その焦げ目がスープの印象をより深くさせております。衝撃を受ける部分とか、メリハリが効いているところとかはないんすけどね・・・ただただ無言でゆっくりと飲み干せるスープ、私はそう思ったかな。一言で言えば、美味かっt←そのまんま

そりゃまーイイとして、近々「大口行脚」をしようかと。ホントは大隅を積極的に攻めたいんだけど、いかんせん連休でもないとガッツリやれませんからねぇ。とりあえずは「マリモラーメン」に「五十嵐食堂(再食)」、そして「力(再食)」・・・コッチも泊り込みが必要かな?(汗)




まる竹ほんき 本店
姶良市脇本1758-2
11:00~20:00
定休日 なし
by hetarekaiji | 2012-02-15 22:46 | へたれカイジのラーメン紀行 | Comments(2)
Commented by かごんまん at 2012-02-17 00:35 x
ええ、無駄にいちいち騒ぎたてるブログは困りますな( ー`дー´)キリッ←アンタだよw
姶良の店もこのテイストになったんですね。
僕が食べたのは国分店でした。

んで( ̄ー ̄)ニヤリ泊まりっすか。
ただ、泊まれる場所の近くに伊佐は宿が無いんで(汗)、
どうせなら伊佐で呑んで菱刈の温泉宿ってのも有りかも。
ただ、田舎のタクシー料金をナメたらあきまへんでw

伊佐中心部だと、大口グリーンホテルだけかな(汗)
Commented by hetarekaiji at 2012-02-17 11:22
いやいや、かごんまんさんの記事は麺だけでなく、私のモチベーションもガッツリ持ち上げてくれますがよ!

伊佐市周辺はのどかで落ち着く場所なのに、確かに宿泊施設が少ないっすわな。んじゃー物産館でツマミを買い込んで、そのグリーンホテルで一人宴会かな。←いつもとカワラネェw