「ラーメン大好きK池さん」的ブログ

byへたれカイジ

今日の気分

見に来て下っていた皆様、
本当にありがとうございました。

カテゴリ

全体
はじめに(ブログ説明等)
へたれカイジのラーメン紀行
別メニューも食べてみました
あれ食いてー(再食)
とりあえず報告までに
たまには他のモンも食え
鹿児島では「飲ん方」と言います
日記書かなきゃ忘れるもので
訪問済ラーメン店一覧

以前の記事

2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月

フォロー中のブログ

★浪花お好み焼き三昧★
ネコ!いつかは干支に・・・
blackeyes ph...
ciao log*
未来の自分へ
こうだこの似顔絵日記

その他のジャンル

外部リンク

ブログジャンル

お酒・お茶
食べ歩き

画像一覧

JAPANラーメン道

男前らー麺 650円

b0248253_7391657.jpg







昨今のラーメンブームを経て鹿児島にもいよいよ多くなってきた、いわゆる「県外修行系」の店。その中でも逸早く名店として名を馳せているのが「JAPANラーメン道」である。

その店主は全国的に名が知られている店で修行を重ねてきたが、敢えて修行店と似た様な味ではなく、地元鹿児島に合わせた味を供している。いや、味だけではなく、素材も鹿児島県産にこだわっており、これぞ「真の『鹿児島ラーメン』」の一つと言えるものであろう。

筆頭メニュー「男前らー麺」をはじめとする、当店のスープのベースは豚骨。それも鹿児島が誇る名産品、黒豚を贅沢にも使用している。その味は、とてもクリーミーではあるが豚骨独特の臭み・クドさは殆どなく、しかも飲み干しても後に残らないという秀逸な出来栄えである。

これを調味するのは、これも県産のものを使用している醤油ダレ(※)。その独特の甘みが豚骨の旨味を際立たせてはいるが、絶妙な塩梅で効かせているので、決して甘ったるいだけの凡庸な味になってはいない。さらに魚介ダレ、そして「揚げネギ」を店主独自の技術で昇華させた「揚げエシャロット」を合わせているので、一層深い味わいになっている。一口、そしてまた一口と啜る度、どんどん虜になってしまうだろう。

そのバランスに死角が見当たらない、一つの「完成形」であるこのスープに合わせるのは、扱いの難しい「平テボ」を使用して見事に茹で上げた中細ストレート麺。ツルリとした滑らかな食感に小気味良い芯のコシ、その仕事に惚れ惚れとさせられる。まだまだこの余韻に浸りたい、と思われたならば是非とも「替え玉(+150円)」を。スープが薄くならぬようタレを少し合わせているので若干バランスが変わってくるが、それもまた飽きずに完食できるはず。

トッピングは黒豚の中でもブランドとして名高い「茶美豚(ちゃーみーとん)」を使用した炙りチャーシューに、たっぷりのモヤシとキャベツ、そして焼き海苔の面々。これらが麺と同様にスープと相性が良いのは言わずもがなであるが、もっと味わいたい時、そして「替え玉」を注文する際にチャーシューや味玉等の「とっぴん具」を追加できるので、思うが侭に堪能して欲しい。

寡黙な店主の心の中、そして丼の底にも熱く純粋な「夢」が詰まっている一杯。

※現在は香川県産の「正金醤油」のものを使用



(平成23年12月28日 実食)

やっぱね、ココってスゲーと思うっす(汗)

えーと…確か今年は3回目…だっけ?とりあえず、久々だったっすな。相変わらず美味かったっす。

実はコチラ、ラーメンの食べ歩き紀行を始めた頃は「薩摩半島で一番好き」と公言していた(ちなみに大隅半島では「マツワキ食堂」)っす。けど、訪問軒数を重ねるうちに、「ホントは何処なんだろう?(汗)」って思うようになっちまってたんすよね。

特に、こないだの「思無邪」。あの濃い系なのにクドさのない、そして変なごまかしが一切ない、真に「純粋」なスープに打ちのめされちまったモンすから、「…入れ…入れ替わり…か?」と本気で思ったっす(汗)←裏切りも公言w

でも、今回再食して思い直したっす。単純に「鹿児島市内で好きなのはどこ?」って聞かれたら、「ココー!( ゚∀゚)b」ってアホの子の様に答えるのは恐らくコチラだろう、と。ま、「なんで?」って質問には、自分もよく分かってないので答えられないっすがw

ま、そんなこたーイイとして、年末29・30・31日限定で提供されるという「年の瀬ラーメン(700円)」、私も食べてみよっと。…今回居ついたブログこそ、長く続きますようにって願掛けながら(汗)




JAPANラーメン道
鹿児島市唐湊4-5-6
11:30~14:30
18:00~22:00
定休日 第2・4火曜
[PR]
by hetarekaiji | 2011-12-29 07:41 | へたれカイジのラーメン紀行 | Comments(4)
Commented by ろいまん at 2011-12-29 08:07 x
あんまり引っ越しちゃダメですよ。追っかけるのも大変ですから(笑)
ともあれ、やはりここはレベルが高いですよね。
年内に食べておきたかった店のひとつです。(実質的には無理だけど)
以前食べた年の瀬ラーメンと今年のがどう違うのか、興味津々ですし。レポートを楽しみにしています。

私にとってのベストは当然「あの店」なんですが、今年のベストとなるとどこなんだろうな・・・。
Commented by hetarekaiji at 2011-12-29 11:47
年内に食べておきたかった…私もたくさんあります。特に、と言うか当然の如く「マツワキ食堂」を筆頭に。

私は「年の瀬ラーメン」は初めてなので、今のうちから興味津々です。と、言うかどんなラーメンなんですかね?餅でも入ってるんですかね?

ろいまんさんにとっての「今年の
ベスト」…やはりアソコじゃないですか?大学前の。草牟田のもなかなかですが、アソコのシンプルにして深い味は、やはり「凄い」の一言だと思います。
Commented by かごんまん at 2011-12-31 09:37 x
もう今年も終わりですね・・一年ありがとうございました。

今から〆をどこにしようか迷ってます(汗)

japanラーメン道にするかな・・
Commented by hetarekaiji at 2011-12-31 13:05
>かごんまんさん

今年は二回も引越ししたのに、わざわざまた来て頂いて光栄っす(汗)今年もあざーした♪

今年の〆は…やっぱりJAPANラーメン道の「年の瀬ラーメン」でしょ♪「ラーメン」ってイメージからは若干離れていますが、「和」の香りがとっても良い、年越しにふさわしいお味でしたがよ。